トピックス

市政ニュースNo.94(2016-02-19)

カテゴリー:

柴田民雄市政ニュース2017-02-19_No94.pdf

柴田民雄市政ニュース2017-02-19_No94-1.png柴田民雄市政ニュース2017-02-19_No94-2.png

昭和区区民会議総会

2月9日(木)昭和区区民会議総会が昭和区役所講堂で行われ、柴田議員も顧問として参加しました。若者会議のプレゼンが二手に分かれて行われるなど新しい取り組みもあり、昭和区の新たなありかたへの挑戦が始まっています。区民にとって区政・市政が身近で手の届くものになるよう、大胆な取り組みが展開・継続されようとしています。

34回昭育連伝承遊びとこま競技会

2月5日(日)、昭和区内の学童保育所の保護者と指導員で作る昭育連(昭和区留守家庭児童育成連絡協議会)と昭和区役所の共催で第34回昭和区伝承遊びとこま競技会が昭和区役所講堂で行われ、柴田議員も来賓として参加しました。

94-1

午前中行われた、こまの回転時間の長さを競う「長生きコマ」では、個人の部で4分53秒50を記録した4年生の女子が個人総合優勝。学童ごとの平均で競う団体の部では、吹上学童が優勝しました。午後にたたかわれた「ケンカごま」は、回転しているこま同士を、ひもを使って勢いよくぶつけあい、最後まで回っていた方が勝ちという熱い勝負。山里学童のチームが優勝しました。

柴田議員が現役父母だった10年ほど前に作成した長生きこまのリアルタイム成績表示システムが今回も使用され、プロジェクター表示とインターネットで、試合の様子が刻一刻と表示される様子に子どもたちや観覧の保護者の皆さんも一喜一憂していました。

マイナンバー「勝手に通知しないで」民商が市に申し入れ

2月8日(水)中小の業者の団体である民主商工会の市内各地域の代表者が集まり、市民経済局税制課長に対し、特別徴収の通知に、従業員のマイナンバーを勝手に記載しないよう申し入れ、懇談を行いました。市議団からは、さいとう愛子議員と柴田議員が同席しました。

94-2

雇用主は従業員から特別徴収した市民税についてマイナンバーを記入せずに申告しても問題なく受け付けられます。ところが、自治体は、特別徴収の市民税の通知書を事業主に送るとき、従業員のマイナンバーを記載することになりました。これは、従業員本人や雇用主の意思に反して、勝手にマイナンバーという重要な個人情報が雇用主に知らさせるということであり、また雇用主にとっても、大変な個人情報を取り扱う義務を頼んでもいないのに課せられることになります。この問題は2月議会の中でも追求してゆく予定です。 

「空自に危険な曲技飛行させないで」住民が市に申し入れ

航空自衛隊小牧基地が毎年3月に行う航空祭(オープンベース)で、2015年からブルーインパルスの展示飛行が再開されました。

2月10日(金)県営名古屋空港の隣接自治体である春日井市・小牧市・豊山町・名古屋市の住民の皆さんと山本りょうすけ豊山町議、須山初美党若者雇用対策部長らが、自衛隊に対しブルーインパルスの曲技飛行を行わないことを求めてほしいと、市に申し入れ、懇談を行いました。市議団からは、山口、青木、柴田、くれまつ、西山議員が同席しました。

94-3

航空法は第91条で「人又は家屋の密集している地域の上空」での「宙返り、横転その他の…曲技飛行」等を禁止しています。ところが、2015年、2016年のプログラムでは、機体を60度に横転させて高速旋回飛行する(パイロットには2Gの力がかかる)「さくら」という曲技飛行を名古屋市の上空を通るルートで行っていたことがわかりました。(春日井市上空は、同市が中止の申し入れをしているため飛んでいません)

94-4

名古屋市は自衛隊に対し、「航空法を遵守し、安全に十分な配慮をすること」を求めています。「航空法に違反し、市民を危険に晒す曲技飛行が市民の頭上で行われている、現場を見て欲しい」という要望に空港担当主幹は「見に行く」と回答しました。

池内福祉会40周年記念祭に参加

2月11日(土)社会福祉法人池内福祉会40周年記念祭が名古屋柳城短大体育館で行われ、柴田議員が参加しました。

池内福祉会は池内わらべ・わからまち夜間・かわらまち・くまのまえの4保育園・ありんこ作業所・荒畑もちの木保育室・恵方の家・げんきっこクラブ学童保育所の計8施設を運営、加えてこの春、松栄学区に新しく保育園を開設します。

この日は、若い保育士さんが、職員研修で沖縄に行き、高江の米軍オスプレイパッド建設現場の異様な警備を目の当たりにしたことを報告。機動隊による「土人」発言など差別され続ける沖縄の人々に心を寄せて涙を浮かべながらレポートする姿に、柴田議員ももらい泣きをしていました。

94-5

市政黒書2017ができました

河村名古屋市政の8年間とはなんだったのか。市民税減税の真の目的は?。4月の名古屋市長選挙を前に河村市長の2期8年間をグラフなどをふんだんに使いデータで検証する市政黒書2017ができました。ご希望の方に無料で配布しています。

94-6

1年目の活動報告パンフができました

柴田議員の初当選から1年間の活動をまとめた報告パンフができました。ご希望の方に無料で配布しています。

94-794-8
市政黒書・活動報告パンフともに、ご依頼は柴田事務所 TEL:052-858-3255 FAX:858-3256 まで。

市会議員柴田民雄 活動日誌

  • 2/8(水):マイナンバーに関する民商と市税当局との懇談
  • 9(木):昭和区区民会議総会
  • 10(金):平和委員会ブルーインパルス問題で市民経済局に申し入れ
  • 11(土):池内福祉会40周年記念祭
  • 13(月):金山駅前宣伝, 都市活力向上特別委員会[近鉄と懇談], 市民文化問題懇談
  • 14(火):定例朝宣伝[桜山駅]

▲ このページの先頭にもどる

日本共産党はこんな党です
赤旗購読のお申込み
ダウンロード
日本共産党中央委員会
日本共産党愛知県委員会

メールマガジン配信中!

登録はここに空メールを送るだけ
mtouroku@tamio.jcpweb.net

メルマガ登録用2次元バーコード

QRコードの読める方はこちらから

Copyright © 2013 - 2018 柴田たみお All Right Reserved.