トピックス

市政ニュースNo.112(2017-06-25)

カテゴリー:

柴田民雄市政ニュース2017-06_25_No112.pdf

手をつなぐ育成会第64回大会に登壇

6月11日(日)名古屋市教育センターで開催された第64回名古屋手をつなぐ育成会大会に、党市議団を代表して財政福祉委員会副委員長でもある柴田議員が登壇しました。

その後行われた第II部には、党市議団から同じく財政福祉委員の山口清明議員が登壇して発表を行いました。障がい者の安定した就労のため、市の臨時職員の雇用を3年で打ち切らないでほしい、家賃補助の増額など自立支援の施策を拡充してほしい、などの切実な訴えを障がい者本人と保護者から聞き、各会派の議員が真剣に考えを発表していました。

昭和区女性会環境バザーに参加

6月10日(土)昭和区役所講堂で行われた昭和区女性会環境バザーに柴田議員が参加しました。

会場では水筒や防災用品、衣類から日用品まで様々なリサイクル・リユース品と、新鮮な野菜などを地域の女性会の皆さんが集めて販売し、掘り出し物を求める市民が押し寄せていました。

シルバー人材センター総会に登壇

6月15日(木)日本特殊陶業市民会館フォレストホールで、公益社団法人名古屋シルバー人材センターの総会が行われ、名古屋市長らと共に財政福祉員会副委員長として柴田議員が登壇しました。

シルバー人材センターには8,369人の会員が登録しており、年1回以上就業した率は72.8%とのこと。派遣事業の取り組み強化、安全・適正就業の促進などが議決されました。

年金者組合昭和支部総会であいさつ

6月15日(木)滝子のハットリスタジオで、第11回あいち年金者組合昭和支部総会が行われ、柴田議員が連帯のあいさつをしました。

この日は早朝に参議院で共謀罪法案が採決を強行されたばかりで、憤懣やるかたない挨拶となりました。

核兵器廃絶求め平和行進名古屋市内集中行進

6月4日(日)名古屋市内でいっせいに平和行進名古屋市内集中行進が取り組まれ、柴田議員もギターを持って参加しました。昭和区では天神町公園からひまわり保育園を経由して白川公園までの約5kmの道のりを、親子連れなどおよそ150人の参加者が「ノーモアヒロシマ・ノーモアナガサキ」「核兵器はいらない」などと沿道に訴えながら歩きました。

平和行進市と懇談

6月6日(火)あいち平和行進が名古屋市役所を訪問。出発式に党市議団からは西山、高橋、くれまつ、青木の4市議が、党県議団からわしの県議が参加しました。

あいち平和行進共同連絡会と市との懇談では、平和行進への支援、ヒバクシャ国際署名への賛同等を市に求めました。柴田、西山、青木、高橋議員が同席しました。

なごや子ども市会議員募集

名古屋市では、「ぞうれっしゃ」を議決したことでも知られる、戦後まもなく行われていた「子ども議会」を6年前に復活させ、毎年行っています。小学5・6年生の子ども市会議員75人が、市政に対する話し合いや陸前高田市の子どもたちとの交流をします。ぜひ応募してください。

日程(3日間すべてに出席)

  •  7月25日(火)13時~17時:事前説明会・事前研修会(1)
  •  7月31日(月)13時~16:30:事前研修会(2)
  •  8月5日(土)13時~16:20:本会議

対象:名古屋市内に在住・在学する小学5・6年生

募集人数:75名

募集期間:2017年6月19日(月)~7月4日(火)必着

詳しくは「なごや子ども市会」で検索

道徳教科化に対し教科書展示で意見を

学習指導要領で「道徳」が教科に格上げされたことに伴い、来年度(2018年度)から小学校で教科書を使った授業が開始される(中学校は2019年度から)のに向け、6月9日(金)~7月3日(月)の期間、候補教科書の展示会が、鶴舞中央図書館をはじめ市内7図書館で行われています。ぜひ内容をチェックして意見を提出しましょう。

今回、現行憲法を敵視し、戦前を美化する極端な偏向が指摘されている育鵬社の教科書は出されていませんが、育鵬社の事実上の代理として編纂された道徳教科書が教育出版から出されています。東京書籍、学校図書なども軒並み問題が指摘されています。

新日本婦人の会では、意見を書くにあたっては、①子どもの学年や年齢に適しているか②科学的な視点で誤りはないか③型にはまった「心」や行動様式の押し付けになっていないか④人権・平和・ジェンダーなどの視点で活用できる教材が扱われているか⑤課題が一定の方向に誘導するものになっていないか、などの視点でチェックし、「この教科書は採択しないでください」とはっきりと意見を述べることを呼びかけています。

共謀罪法採決強行安倍政権に審判を!

通常国会が18日閉幕しました。国会ルールを踏みにじった「中間報告」による「共謀罪」法強行、国政を私物化した「加計」「森友」疑惑隠しなど「数の力」を振りかざした安倍晋三政権の暴挙に次ぐ暴挙に国民の怒りが沸騰しています。会期最中の5月には首相が9条明文改憲を宣言し、タカ派姿勢を鮮明にしました。相次ぐ閣僚の暴言などモラル崩壊もあらわです。常軌を逸した強硬策は追い詰められた「疑惑隠し」と一体です。

市民と野党の共闘の力を大いに広げ、安倍政権にNO!の審判を下しましょう。

市会議員柴田民雄 活動日誌

  • 14(水):議会運営委員会
  • 15(木):昭和区年金者組合総会, シルバー人材センター総会, 財政福祉委員会現場視察, 意見交換会
  • 16(金):本会議, 市民と野党をつなぐ会@愛知3区共謀罪反対宣伝, 住みよい昭和区を作る会
  • 17(土):スーパー前宣伝[西友御器所店], 吹上学区訪問
  • 18(日):伊勝・川原学区訪問
  • 19(月):議案説明会
  • 20(火):定例朝宣伝[荒畑駅]

(コラム:「上を向いて歩こう」はお休みします)

▲ このページの先頭にもどる

日本共産党はこんな党です
赤旗購読のお申込み
ダウンロード
日本共産党中央委員会
日本共産党愛知県委員会

メールマガジン配信中!

登録はここに空メールを送るだけ
mtouroku@tamio.jcpweb.net

メルマガ登録用2次元バーコード

QRコードの読める方はこちらから

Copyright © 2013 - 2018 柴田たみお All Right Reserved.