トピックス

市政ニュースNo.132(2017-11-12)

カテゴリー:

柴田民雄市政ニュース2017-11-12_No132.pdf

松栄小含む市内7校で給食調理業務民間委託拡大

市教育委員会は来年度、松栄小(昭和)、田代小(千種)、稲葉地小(中村)、千音寺小(中川)、苗白小(守山)、大高南小(緑)、植田東小(天白)の7校に、給食調理業務の民間委託を拡大する計画であることがわかりました。

学校給食の調理業務委託は、2016年度3校で開始され、1学期の間に4回の異物混入、一旦選定された事業者が、他の施設で食中毒事故を起こしていたことがわかるなど保護者の不安の声が高まる中で、2017年度さらに5校(計8校)に拡大してきました。来年度さらに7校(計15校)に拡大する計画です。

業務委託は、必ずコストカットにつながり、不安定雇用の労働者に子ども達の給食調理を委ねるなど、給食調理員の専門性が軽視され、安全性や質の担保も困難です。

11月保護者説明会、2月業者選定、3月下旬調理開始予定とのこと。

保護者の声をしっかりと聞くよう求めてゆく必要があります。

自殺募集の前に相談を

神奈川県座間市の猟奇殺人事件で、ツイッターのハッシュタグ「#自殺募集」で自殺願望をもつ被害者らが容疑者と繋がっていたことが報道されています。

SNSを悪用した卑劣な犯罪に強い怒りを覚えますが、犠牲となられた方々が日常生活の中で抱えていた生きづらさに想いを馳せると、なんらかの手を差し伸べることができなかったのだろうかと、辛い気持ちになります。

ツイッターで#自殺募集などと書き込みを行う前に、まずは相談窓口にご連絡してほしいと思います。

名古屋市は「こころの絆創膏」というポータルサイトで様々な相談窓口を紹介しています。

今悩んでいる方や、身近に悩みを抱えている方がいるという方など、ぜひこのサイトを通じて、相談・支援につなげてください。

QRコード対応のカメラ付き携帯電話をお持ちの方は、右のQRコードをスキャンして「こころの絆創膏」モバイルサイトにアクセスできます。

URLは「http://www.inochi-akari.city.nagoya.jp/m/」です。

または以下にご連絡ください。

名古屋市健康福祉局障害福祉部障害企画課精神保健福祉係
「こころの絆創膏」運営管理担当
電話番号:052-972-2283

瑞保連(瑞穂区保育団体連絡会)と懇談

10月17日(火)、瑞穂区保育団体連絡会の瑞穂区への要望事項に関して、たんぽぽ保育園で懇談しました。

共産党からは、教育こども委員のさいとう愛子議員と青木ともこ議員、たんぽぽ保育園の保護者OBでもある柴田議員が参加しました。

学童保育の問題では、指導員の合同雇用をしていると専任指導員の処遇改善加算補助金が出ないという問題や、現在の土地が狭く子どもが増えているため面積基準問題で移転が迫られていたり、立ち退きが迫られているが移転先が見つからない問題、地代補助が無い問題などが出されました。

土地探しの問題は、情報提供などの協力を求めたところ、区役所が「そのような対応はできない」と、ずいぶん冷たい対応をされたとの訴えでした。少なくとも市としては努力を約束している問題であり、区の対応は市の方針とも違っています。

社会福祉法人の学童保育運営支援について懇談

10月23日(月)学童保育の運営を社会福祉法人で支えている、熱田・新瑞・池内の3法人の理事・保護者のみなさんと、学童保育施策について懇談しました。市議団からは教育子ども委員のさいとう・青木議員と、柴田議員が出席しました。

主な問題は瑞保連との懇談でも上がった、助成金の一部(専任指導員処遇改善加算)が支給されなくなる問題。国の制度で専任指導員の給与アップをするための補助金が創設されたものの、雇用主が、学童保育の運営主体でなければならないという条件が付いているため、経験加給や安定雇用を目指して区全体の学童で共同で雇用していたり、社会福祉法人の職員を指導員に充てたりしていると、直接雇用しているとみなされずこの助成金が支給されず、見込みの予算から約150万円助成金が少なくなってしまっているというものです。

もともと名古屋市の助成金が不十分だったために、なんとかしようと工夫してきたことであり、また社会福祉法人が社会福祉事業である学童保育を行うことは当然で、認められるべきことです。

全国障害者スポーツ大会結団式に登壇

10月26日(木)、市公館にて第17回全国障害者スポーツ大会~愛顔(えがお)つなぐえひめ大会~名古屋市選手団結団式が行われ、副市長、市会議長、財政福祉委員長らとともに財政福祉委員会副委員長として柴田議員も登壇しました。

(公財)日本障がい者スポーツ協会、文部科学省などが主催するこの大会は、10月28日~30日の3日間愛媛県で開催。名古屋市からは33名の選手が陸上、水泳、卓球、フライングディスク、ボウリング競技に出場しました。

中川昭和区消防団連合会長藍綬褒章受章

10月21日(土)、今年4月に藍綬褒章を受章された、昭和区消防団連合会長の中川憲一氏の受章祝賀会が、田中洋行吹上学区区政協力委員長らの呼びかけで行われ、柴田議員も参列しました。

長年の貢献に感謝します。

市会議員柴田民雄 活動日誌

  • 31(火):定例朝宣伝[八事日赤駅], 市大病院風害問題懇談
  • 11/1(水):愛知原水協など市懇談, 汐路学童と懇談
  • 3(金):伊勝学区文化祭
  • 4(土):憲法9条を守ろう愛知県民集会
  • 6(月):きょうされん市懇談

(原水爆禁止世界大会報告、コラム:「上を向いて歩こう」はお休みします)

 

▲ このページの先頭にもどる

日本共産党はこんな党です
赤旗購読のお申込み
ダウンロード
日本共産党中央委員会
日本共産党愛知県委員会

メールマガジン配信中!

登録はここに空メールを送るだけ
mtouroku@tamio.jcpweb.net

メルマガ登録用2次元バーコード

QRコードの読める方はこちらから

Copyright © 2013 - 2017 柴田たみお All Right Reserved.