トピックス

柴田民雄ニュースNo.66(2020-07-26)

党創立98周年記念講演視聴会川名公園70人以上の参加で成功

7月15日(水)18:30~志位和夫委員長による党創立98周年記念講演のインターネット中継上映会が川名公園中央広場で行われました。幸い好天に恵まれ、70人を超える皆さんが視聴しました(ジョギングしながら聞いてくださった方も含めるともっと多いかも)。党中央webサイト jcp.or.jp でいつでも録画を視聴できます。ぜひご感想をお聞かせください。

厚労省休業支援金・給付金新制度【続報】

事業主の指示で休業したのに休業手当をもらえない労働者本人に、国から休業支援金を支給する制度が、国会論戦で実現し、7月17日から申請受付が始まっています。

雇用保険の対象外でも、学生アルバイトでも適用されます。シフトが減らされただけでも事業主の指示で休業したのですから、支給の対象です。

複数の事業所で働いていても申請できます(ただし申請時に複数事業所分の情報をまとめて申請するなど注意点があります)。

休業前の平均賃金×80%が支給されます。大いに活用しましょう!

すでに7月20日時点で、3,365件の支給申請が受け付けられており、そのうち177件支給決定がされているとのことです。申請はお早めに!

詳しくはこちら→

問い合わせ先

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター

0120-221-276

(平日8:30~20:00,土日祝8:00~17:15)

経産省が家賃支援給付金新制度【続報】

フリーランスを含む幅広い事業者向けに、家賃の2/3を6カ月分程度支給する「家賃支援給付金」が(これも国会論戦で実現)7月14日から2021年1月15日まで申請を受け付けています。

給付対象となるのは、①いずれか1か月の売上が前年の同じ月と比較して50%以上減っている(例1)か、②連続する3か月の売上の合計が前年の同じ期間の売上の合計と比較して30%以上減っている(例2)中小企業や個人事業主ですが、それ以外も適用になる場合があるので、まずはウェブサイトをご覧いただくか、コールセンターにお問い合わせください。

詳しくはこちら→

問い合わせ先

家賃支援給付金コールセンター

0120-653-930

(平日・土日祝日8:30~19:00)

河村市長らによる知事リコール運動に反対する

党愛知県委員会は7月21日、「『表現の自由』を否定し、侵略戦争と旧日本軍の肯定・美化をもとめる高須克弥氏、河村名古屋市長による知事リコール運動に反対する」声明を発表しました。

声明では、「今回の高須克弥氏、河村名古屋市長による知事リコール運動には、侵略戦争を肯定し、それをすすめた旧日本軍を美化する彼らの考えへの同意を広げようとする意図があることは明らかです。」とし、「『表現の自由』を否定し、侵略戦争と旧日本軍の肯定・美化をもとめる知事リコール運動に正当性はありません。命がけで侵略戦争と軍国主義に反対してたたかった日本共産党として、この取り組みを許すわけにはいきません。日本共産党愛知県委員会は、『表現の自由』を守り、日本の平和と民主主義をもとめる諸団体、愛知県民とともに、知事リコール運動に反対する一大運動をすすめる決意を表明するものです。」と締めくくっています。

声明の全文はこちらでお読みいただけます。→

私も表現の自由と平和・民主主義を求める立場から全力でたたかう決意です。ともにがんばりましょう!

▲ このページの先頭にもどる

日本共産党はこんな党です
赤旗購読のお申込み
ダウンロード
日本共産党中央委員会
日本共産党愛知県委員会

メールマガジン配信中!

登録はここに空メールを送るだけ
mtouroku@tamio.jcpweb.net

メルマガ登録用2次元バーコード

QRコードの読める方はこちらから

Copyright © 2013 - 2020 柴田たみお All Right Reserved.