トピックス

市政ニュースNo.128(2017-10-15)

カテゴリー:

柴田民雄市政ニュース2017-10-15_No128.pdf

9月議会ダイジェスト④
議案外質問:岡田ゆき子議員

1.高等学校における発達障害の生徒に対する特別支援教育について
(1)特別な支援体制の必要性
(2)市立高等学校における通級による指導

9月15日の名古屋市議会本会議で、岡田ゆき子議員は「高校での発達障害の生徒への支援」と「介護予防・日常生活支援総合事業」についてただしました。

特別な支援が必要な生徒への市立高校での対応

 発達障害により支援が必要な児童・生徒に対して、名古屋市は義務教育過程では特別支援学級、発達障害対応支援員の配置等の拡充を進めてきましたが、中学校卒業後の市立高校での支援状況について、岡田議員は自閉症スペクトラム(ASD)の生徒の困難な例に示し、市立高校での対応をただしました。教育長は「定時制高校と工業・商業高校に就労支援アドバイザーを配置。発達障害のある生徒に対しソーシャルスキル・トレーニングを行っている。普通科高校へは、キャリア支援の観点から個別に相談やアドバイスが受けられるよう、針路支援アドバイザーの配置を検討している」と答えました。

高校での通級指導に取り組め

来年度から、「高等学校における通級による指導」を設置できるようになりました。文部科学省の調査(2012)では発達障害の可能性のある生徒は6.5%在籍という結果です。

岡田議員は「学習に困難を抱える生徒を支援するために通級による指導に早急に取り組むべき」と求めました。教育長は「通級による指導が可能となるのでその趣旨を踏まえ研究したい」と応えました。

2.介護予防・日常生活支援総合事業の検証結果と課題について
(1)事業経営を困難にする介護報酬の引き下げ
(2)専門的サービスと基準緩和型サービスの振り分け基準
(3)6ヶ月で「卒業」となる通所サービスの問題

昨年から始まった「介護予防・日常生活支援総合事業(新総合事業)」で、要支援1、2の認定者の訪問介護と通所介護が保険給付から名古屋市の事業となりました。しかし国が予算の上限を設けているため、名古屋市は報酬と人員基準を引き下げた基準緩和型サービスや住民ボランティアなどによる地域支えあいサービスを総合事業として始めましたが様々な問題点が上がっています。

制度のしくみが実態に合っていない

岡田議員は、名古屋市の検証報告(2017年5月)の結果を示しながら、「低い報酬でも大丈夫というがどれだけの利用者を確保すれば経営が成り立つのか」「専門型サービスと基準緩和型サービスの振り分け基準で本人が望まないサービスを強要していないか」「基準緩和したミニディ型や運動型の通所サービスを6ヶ月で強制終了するのはやめよ」と追及しました。局長は「報酬は適正だ。振り分けに乖離があればケアマネージャーが判断する。終了後は自主的に」と答えました。

 久屋大通公園条例制定案に反対討論

 9月27日の本会議で、補正予算案などの議案15件の採決が行われ、日本共産党はパークPFI制度導入に関連した久屋大通公園条例など5議案に反対し、10議案に賛成しました。
このうち「久屋大通公園条例」関連議案について、田口一登議員が反対討論を行いました。田口議員は、市民の意見が反映されないパークPFI制度によって、民間事業者へ収益施設の建設を求めるために公園本来のオープンスペースの確保がないがしろにされる問題点などを指摘しました。

若宮商業高校廃校立ち止まる

9月19日(火)の本会議で、教育長が「いったん立ち止まる」と答弁した若宮商業高校の廃校問題に関して、9月23日に若宮高校で行われた保護者向けの説明会では、「なぜ決定権を持つ者が来ていないのか」など相次ぐ憤りの声に、教育委員会の担当職員は「持ち帰って議論する」と答えるばかりでした。なお、パブリックコメントと中学校への進路指導に関する通達はストップされています。

「若宮を守る会」は、10/15(日)10:00~名古屋市教育館で結成集会を開き、廃校撤回を求める活動を続けます。

原水爆禁止2017世界大会長崎に参加②

8月7日〜9日、長崎で開催された原水爆禁止2017世界大会(長崎)のレポートの続きです。

分科会の佐世保調査コースでは、まず弓張岳展望台に登り、佐世保湾の全景を観察しました。見渡す限り米海軍と海上自衛隊の艦船がずらりと並んでいます。佐世保基地は、米海軍第7艦隊のすべての艦船を3ヶ月間満タンにできる一大補給基地でもあります。針生弾薬庫、前畑弾薬庫、横瀬貯油所など大規模な弾薬庫があり、この能力で朝鮮戦争やベトナム戦争の遂行を支えてきました。日本は戦後、片手に平和憲法を持ちながら、片手では米国の戦争にしっかり加担して来たのだということを思い知らされます。(次号に続く)

 

市会議員柴田民雄 活動日誌

● 3(火):定例朝宣伝[荒畑駅], 議会運営委員会, 財政福祉委員会, 夕方宣伝[御器所駅]
● 4(水):朝宣伝[桜山駅], 証拠書類調査, 議会運営委員会, 本会議, 正副委員長会議, 財政福祉委員会
● 5(木):朝宣伝[八事日赤駅], 財政福祉委員会, 夕方宣伝[八事イオン前]
● 6(金):朝宣伝[川名駅], 財政福祉委員会, 昭和区区民まつり実行委員会総会, 名駅街頭演説会
● 7(土):みんなが主人公の政治をつくる市民アクション@愛知3区キックオフ集会, キャラバン宣伝
● 8(日):御器所学区運動会, 松栄学区運動会, 川原学区運動会, 村雲学区運動会, キャラバン
● 9(月):キャラバン

 (コラム:「上を向いて歩こう」はお休みします)
(記事差し替えのタイミングの関係で、世界大会報告がNo.122の記事と一部重複しておりますことをお詫びします)

 

 

 

▲ このページの先頭にもどる

日本共産党はこんな党です
赤旗購読のお申込み
ダウンロード
日本共産党中央委員会
日本共産党愛知県委員会

メールマガジン配信中!

登録はここに空メールを送るだけ
mtouroku@tamio.jcpweb.net

メルマガ登録用2次元バーコード

QRコードの読める方はこちらから

Copyright © 2013 - 2017 柴田たみお All Right Reserved.