トピックス

市政ニュースNo.188(2018-12-09)

カテゴリー:

柴田民雄市政ニュース2018-12-09_No188.pdf

11月定例会ダイジェスト①
質疑(11月28日)柴田民雄議員
名古屋市障害者差別解消推進条例
市は条例に沿った施策を

名古屋市が新たに障害者差別解消推進条例を制定することを受け、柴田民雄議員は11月28日の本会議質疑で同条例を支持するとともに、条例に反する市の行動をただしました。

市立養護学校での虐待事件

柴田議員は「条文を見れば障害者の皆さんの願いに応えるよい条例、しかし市の姿勢はどうか」と指摘。市立天白養護学校での障害児に対する虐待事件などを示し、「条例を制定する以上、市は障害者差別・虐待を行わないという強い姿勢を示す必要があるのに、差別を助長する事件が起きている」と批判しました。柴田議員が、学校においても実効性のある意識啓発策をとるよう求めると、局長は「市職員の研修等充実させる」と応じました。

市立天白養護学校における虐待事件

今年9月の報道で発覚した、同校教員による障害を持つ生徒複数への虐待事件。市は2月にマスコミから告発の問い合わせを受けましたが、当初は体罰ではなく「不適切な指導」と判断。9月の報道映像により体罰と認定しました。市は現在、体罰の実態を調査中としています。党市議団も9月市議会で追及し、11月には事件の全容を明らかにするよう市に申し入れました。

天守閣にエレベーター不設置方針

柴田議員が、条例や、市長自身の「全てのひとやまちが段差や壁をなくすために柔軟に変容していくことが重要」との発言を引用し、「不特定多数の者の利用に供される建物について、障害者の皆さんの要求に反しエレベーターを設置しない方針は是正が必要」と指摘しても、河村市長は「法律には過度の負担とならないような合理的配慮の規定がある」として明言を避けました。柴田議員は、「過度な負担」規定はこれから建設する計画であれば理由ならないと指摘しました。

(名古屋市)障害者差別解消推進条例より

(第1条)この条例は、障害を理由とする差別の解消の推進に関し、基本理念を定め、市、事業者及び市民の責務を明らかにするとともに、障害を理由とする差別の解消を推進するための基本となる事項を定めることにより、障害の有無にかかわらず、誰もが人格と個性を尊重され、住み慣れた地域で安心して暮らせる社会の実現に寄与することを目的とする。

(第10条)事業者は、その事業を行うに当たり、過度な負担にならない範囲で、合理的配慮をするよう努めなければならない。

障害者差別を解消するための法令整備の状況

制定年

法令

2013

障害者差別解消法

2015

愛知県障害者差別解消条例

2018年(予定)

名古屋市障害のある人もない人も共に生きるための障害者差別解消推進条例

 

議案外質問(11/28)くれまつ順子議員

11月28日の名古屋市議会で、くれまつ順子議員は、JR守山駅の西駅前広場の整備と名古屋空港のF35戦闘機の試験飛行について質問しました。

JR新守山駅西側に駅前広場整備を
60年前の計画がそのまま未整備に

1960年に決定された都市計画でJR新守山駅の西側に西駅前広場1000㎡が計画されましたが、いまだに西駅前広場は未整備のままです。

東側に改札。狭い地下通路で大変

駅西から新守山駅に入るには、幅員6mで東行一方通行の地下道を通って東駅前広場から駅舎にいかなくてはなりません。くれまつ議員は、「駅西地区の住民も1964年の駅開業時から年々増加し、駅利用者も1日約8000人になっている。」と今後の方針をただしました。

住宅都市局長は「鉄道事業者と調整して西側から駅を利用するための新たな施設を整備する必要がある。周辺の土地利用と連携して効率的に進めることが重要。今後の周辺まちづくりの動向を見極めつつ、関係者と調整するなど、必要な対応をしたい」と答えました。

F-35試験飛行中米軍機は日米地位協定が適用
爆音まき散らす飛行をやめさせよ

42機購入予定 飛行スケジュールも不明

名古屋市の上空には名古屋空港からC130輸送機やKC767空中給油機、F15戦闘機などに加え、昨年からはF35戦闘機が飛来。住民の皆さんから「これまでにないものすごい爆音」などの報告がありました。

くれまつ議員がF35の飛行計画について質問し「県からの説明では、航空自衛隊が42機を取得し、試験飛行は米国管理の機体として扱われ、1機4回実施、組み立て機数の報告はなかった」と回答。飛行回数は昨年が6日で7回、今年は10月末までに14日で17回飛行したとの説明でした。

欠陥だらけで危険なF35

F35は米国防総省報告書で重大な276件の欠陥が、米国政府監査院報告書でも966件の欠陥が指摘される未完成な戦闘機といわれています。こんな欠陥を抱えた戦闘機を購入し、住宅密集地上空を試験飛行することは危険です。くれまつ議員は「本村伸子衆院議員の国会質問で、試験飛行のF35は日米地位協定の適用のある航空機になる事が明らかになり、騒音が問題になっても国の防衛政策上騒音をなくせと言えない、墜落したら大惨事になる。試験飛行の中止を求めよ」と市長をただしました。

「言う立場でない(市長)」

市長は、「国家の安全保障上のことでございますので、私が言う立場でない」と、無責任な答弁でした。

くれまつ議員は、「万一の事故が起きた場合には、自治体で原因が追究できないことになる。全国知事会は日米地位協定の見直しを決議している。市長は市民の生命・財産を守るために力を尽くせ」と求めました。

市会議員柴田民雄 活動日誌

  • 27(火):定例朝宣伝[いりなか駅], 生活相談
  • 28(水):本会議[柴田議員個人質疑, 議案外質問]
  • 29(木):本会議[議案外質問]
  • 30(金):本会議[議案外質問]
  • 12/1(土):鶴舞学区餅つき大会
  • 2(日):昭和区グラウンドゴルフ大会, 八事学区餅つき大会, 松栄学区餅つき大会
  • 3(月):金山宣伝, 財政福祉委員会[財政局議案審査]

街頭宣伝などの予定(雨天中止)

朝宣伝

夕方宣伝

12/11(火)

8:30〜

八事日赤駅

12/14(金)

18:30〜

鶴舞駅

12/15(土)

11:00〜

バロー滝川店

(スーパー前)

12/16(日)

14:00〜

演説会

吹上ホール7Fメインホール

12/18(火)

8:00〜

川名駅

12/21(金)

18:30〜

いりなか駅

12/25(火)

8:00~

御器所駅

12/28(金)

18:30~

桜山駅

 

ご参加下さい12/16日本共産党演説会

12月16日(日)14:00~16:00吹上ホール7Fメインホールにて。

 

 

▲ このページの先頭にもどる

日本共産党はこんな党です
赤旗購読のお申込み
ダウンロード
日本共産党中央委員会
日本共産党愛知県委員会

メールマガジン配信中!

登録はここに空メールを送るだけ
mtouroku@tamio.jcpweb.net

メルマガ登録用2次元バーコード

QRコードの読める方はこちらから

Copyright © 2013 - 2018 柴田たみお All Right Reserved.